CFDにはどんなリスクがあるの?

CFD金融商品であるので当然リスクもあります。為替相場が変動によってCFD取引の投資対象の価格が変動します。これによって差益差損が出る可能性があります。高レバレッジの場合は損失も大きくなります。またCFD取扱会社の倒産してしまうという信用リスクもあるので、信託保全がある業者が望ましいでしょう。

証拠金以上に損失することはない!?

CFD取引において相場の変動などによって不測の損失をこうむる可能性もあります。証拠金が少ないのに高レバレッジを利かせている場合だと少しの変動でロスカットが起きる可能性もあります。

しかしどんなに損失が起きたとしても証拠金内での話です。証拠金以上の損失になる前にロスカットにより強制決済されます。CFD取引にて借金が膨らむこともないので、そういう点においては安心できる取引でもあります。

おすすめCFD取扱会社
NO.1GMOクリック証券
取扱銘柄数 レバレッジ 手数料
46銘柄 最大約20倍 0円

業界最小水準のスプレッド!!たとえば、日本225先物(期近限月)のスップレッドが2円~9円!また、直感的な取引システムや安心の24時間サポートも魅力★

GMOクリック証券の詳細確認

NO.2SBI証券
取扱銘柄数 レバレッジ 手数料
45銘柄 最大約50倍 0円

初心者に魅力的なサービスが充実!例えば、お取引体験デモや初心者向けコンテンツ、無料セミナーなど★さらに実績があるカスタマーサービスセンターも安心の1つ!

SBI証券の詳細確認

NO.3IGマーケッツ証券
取扱銘柄数 レバレッジ 手数料
5,000銘柄以上 最大約5倍 取引金額の0.0525%

CFDのリテール部門実績(個人および法人の取引顧客対象営業収益、ローリングスポットFXを除く)において2年連続(2009年、2010年)、世界ナンバーワン!!

IGマーケッツ証券の詳細確認