CFD取引の手数料は?

CFD取引で売買を行うときに所定の手数料が発生します。この手数料はCFD取扱会社によって違い、また買うときと売るときの両方(往復)かかります。CFD取扱会社によっては手数料が0円~というところもあります。この0円~というのがポイントで手数料が全て無料という訳ではありません。対象とする銘柄や取引金額によって手数料が異なります。そのため売買しようとする銘柄がどのくらい手数料がかかるのかあらかじめ確認してから取引をしましょう。

手数料からみるおすすめCFD取扱会社

CFD取引を扱っている会社では手数料が0円~となっているところも多くあります。

例えばGMOクリック証券は「取引手数料・ロスカット手数料・為替手数料」が、全てが無料なので大変取引がしやすくなっています。また、口座維持費・口座開設費も無料ですので、安心です。
そのほかには、DMM.com証券も「取引手数料・口座維持費・口座開設費・振込手数料」が無料です。

おすすめCFD取扱会社
NO.1GMOクリック証券
取扱銘柄数 レバレッジ 手数料
46銘柄 最大約20倍 0円

業界最小水準のスプレッド!!たとえば、日本225先物(期近限月)のスップレッドが2円~9円!また、直感的な取引システムや安心の24時間サポートも魅力★

GMOクリック証券の詳細確認

NO.2SBI証券
取扱銘柄数 レバレッジ 手数料
45銘柄 最大約50倍 0円

初心者に魅力的なサービスが充実!例えば、お取引体験デモや初心者向けコンテンツ、無料セミナーなど★さらに実績があるカスタマーサービスセンターも安心の1つ!

SBI証券の詳細確認

NO.3IGマーケッツ証券
取扱銘柄数 レバレッジ 手数料
5,000銘柄以上 最大約5倍 取引金額の0.0525%

CFDのリテール部門実績(個人および法人の取引顧客対象営業収益、ローリングスポットFXを除く)において2年連続(2009年、2010年)、世界ナンバーワン!!

IGマーケッツ証券の詳細確認