証券CFDの種類

証券CFDは、ひとつの口座で国内外の現物株式と海外市場の指数・先物銘柄を対象とした取引ができます。取引の対象とする種類によって名称が異なります。

株式CFDとは

東京証券取引所やニューヨーク証券取引所といった世界の主要7つの証券取引所の約3,700銘柄を対象とする証拠金取引です。銘柄数が多いので選択肢の広さが大きな特徴となります。

指数CFDとは

世界の各主要市場の株価指数7銘柄を対象とする証拠金取引です。該当市場の動きを反映した株価指数CFDを証拠金で取引する金融商品です。売買価格の差額が取引損益となります。

限月CFDとは

世界の株価指数や債券の先物銘柄13銘柄を対象とする証拠金取引です。限月CFDはその名のとおり決済期限があるCFD取引となります。決済日(満期日)は取引所が定める日時となります。

おすすめCFD取扱会社
NO.1GMOクリック証券
取扱銘柄数 レバレッジ 手数料
46銘柄 最大約20倍 0円

業界最小水準のスプレッド!!たとえば、日本225先物(期近限月)のスップレッドが2円~9円!また、直感的な取引システムや安心の24時間サポートも魅力★

GMOクリック証券の詳細確認

NO.2SBI証券
取扱銘柄数 レバレッジ 手数料
45銘柄 最大約50倍 0円

初心者に魅力的なサービスが充実!例えば、お取引体験デモや初心者向けコンテンツ、無料セミナーなど★さらに実績があるカスタマーサービスセンターも安心の1つ!

SBI証券の詳細確認

NO.3IGマーケッツ証券
取扱銘柄数 レバレッジ 手数料
5,000銘柄以上 最大約5倍 取引金額の0.0525%

CFDのリテール部門実績(個人および法人の取引顧客対象営業収益、ローリングスポットFXを除く)において2年連続(2009年、2010年)、世界ナンバーワン!!

IGマーケッツ証券の詳細確認